第1シードを撃破!!深圳オープン2回戦!

f:id:shinichihayasida:20180928172604j:plain

深圳オープン2回戦。6:30から予定されていたが8:30頃から始まった。相手はゴファン。まだ一度も負けたことがなく、やりにくい敵ではなかった。だがゴファンのランキングは11位で今大会の第1シードだ。アンディの調子をみる限り不安材料も残っていたが、ゴファンに負けることは想像できなかった。ゴファンはストローカーでそれほど怖さはない。怖かったのはアンディの自滅。自滅だけは見たくなかった。生中継はセカンドセットからみれた。

1st set

ファーストセットの流れは追っていたので、アンディのコンディションは悪くないとわかっていた。ファーストセットの展開をリードする形にでき、ペースを握れたところが良かった。そこから余裕が生まれた。

と言いたかった。

 サービスゲームが安定せず、すぐさまブレイクを返された。カウントは4-3。ゴファンもサービスをダウンしブレイク成功5-3とした。お互いにリストロークの精度が高いせいかサービスキープができずブレイク合戦に。最後のサービスゲームを得意のアドサイドセンタースライスサーブのエースで締め、セットカウンと6-3で先取した。

 

2nd set

出だしをブレイクすることができ、第2ゲームはブレイクポイントを握られたが、サービスエースでなんとかキープ。アンディにリズムができミスのない状況でゴファンがミスを連発し3-0( 2ブレイクアップ)とした。

 またブレイク合戦となり、お互い1つずつブレイク。カウント4-1。次のゲームももたついたがキープし5-1。ゴファンも同じくキープ(5-2)し、アンディのサービングフォーザマッチ(SFM)で締めて勝った。とはならず、いつものSFMでブレイクされた。そこから5-4まで追いつかれ、アンディの2度目のSFMだったが、2本のバックハンドダウンザラインを決められ、またブレイクポイントを握られた。ゴファンがランニングスマッシュをミスし、30-40。次のラリーを制し大きな「Come on!!!」がでた。最後のポイントはこの試合でもっとも良かったセンタースライスサーブのエースで決めた。

 勝つことができて良かった。勝ち方に課題が残るがゴファンに勝てたことはトップ10に戻るための力があることが証明された。

次の相手はベルダスコ。USオープンで見事に負かされた。今回も打ち込まれてしまう気がする。対戦成績は13勝2敗となっているが、今の状態だと厳しい試合になりそう。だが、アンディは勝つ。まだ本来のプレーには戻ってないがアンディらしさが確実に戻ってきてる。試合は本日の19時と予定されている。リベンジだ!アンディ!!

www.andyhayashida.com